ACTブログ



2011年5月10日 22:18

当たり前の努力(カテゴリ:田中)

5月は初夏だけあって、今日はとても蒸し暑い日でした。

 

GWも終わり、再び日常が始まりました。

今年塾を卒業した子どもたちが顔を出して、新しい中学校生活を報告してくれます。

まだまだ子どもっぽいところを残しつつも、少し大人になった言動にはっとさせられます。

私たちの見ていない時間に、子どもたちはどんどん成長するのですね。

考えてみれば当たり前ですが、

ついこの間まで毎日にように顔を合わせていたときには気づかなかったことです。

 

ある卒業生が言いました。

「当たり前のことを当たり前って言えるのすごいよね」

英単語の練習をきちんとしていることを誉めたときのことば。

 

「当たり前」ということを身につけるまでの努力をにじませることばでした。

 

「当たり前」を「当たり前」になるまでには、きっといろんな力が働いたのだと思います。

最初は親から強制される力。

そのうち自分の内側からやろうという力に変わり…。

 

その大きな変化がいつ起きたのか、なぜ起きたのか、

 

本人すらわからない。

 

 

他者からの力が、自分の力に変わるとき。

 

きっと子どもたちは大きく成長しているのでしょう。

 

 

また子どもたちに会うのが楽しみになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

←前月|1|翌月→