ACTブログ



2011年9月19日 22:29

陶芸をしよう(カテゴリ:渡辺)

こんにちは。渡辺です。

現状、四方山に囲まれております。

太陽はいまだ燦々(さんさん)と輝き、

前方の山の竹林はゆっくりと体を揺らしております。

 

鎌倉の山腹部といいましょうか

なぜ、このような場所にいるのか。

 

目的はずばり「陶芸」です。

土に触れ、自分の内面に向き合う。

そんな、「陶芸」で経験した事を少し書かせていただきます。

 

まず、ここから陶芸教室に向かうため、

石段を百数十段上ります。

「この試練を乗り越えなければ、土に触れる資格も無いということか…

恐るべし、陶芸!!」

と勝手にあれこれ考えながら登り

無事到着。

 

辺りは開け、住宅街の中に

佇むある一軒家。

そこの庭のはなれが教室となっていました。

 

早速、作ります。

 

ひんやりとした土

溢れる想像力

真剣なまなざし

この集中力は…

私「いける!」

土「グニャ…」

早くも失敗する渡辺

先生は苦笑い

 

先生の手助けも借り

ある程度、形が出来ていきます。

あれこれ考える私を見て

おもむろに先生が口を開きました。

 

陶芸の先生「渡辺君、PDCAって言葉を知ってるかい?」

私「…わかりません」

陶芸の先生「計画(Plan、実行(Do)、点検Check、改善Actの頭文字をとって

PDCAといいます。ご存じ?」

渡辺「はい、それなら聞いたことがあります。」

陶芸の先生「まず計画をして実行に移す、結果を点検し改善を行う。

陶芸に限らず、すべての事に共通して必要なことだよ。」

と。

はい、確かにノープランでした(^_^;)

 

当たり前の事ですが、言われてみて改めて気が付く・思い出すという

体験をしました。

 

当たり前の事だからこそ、忘れてしまいがち。

「灯台下暮し」

気を付けます。

 

当たり前の事だから、出来るよね

ではなく、

当たり前の事を出来ているか、チェックする。

授業や提出物を通してみていきたいと思います。

 

そんなこんなで、無事「お茶碗」の完成です!

写真を撮り忘れてしまいました(汗)

 

乾燥、色付け、焼き作業がこの後行われ

一か月後に完成だそうです。

待ち遠しい…

 

この後は、おいしいいカレーを食べて帰りました。

 

おしまい

 

 

←前月|1|翌月→