ACTブログ



2013年8月31日 13:15

夏期講習が終わりました!(カテゴリ:ACT)

 

28日にて夏期講習が終わりました。

 

 

6年生は初めてのASPでした。

夏期講習の成果は出せたでしょうか?

 

順調にスタートを切れたあなたも、

思ったように学習が進まなかったあなたも。

 

8月29日〜9月1日のお休みは上手に使ってほしいものです。

 

さて、突然ですが本日31日(土)の午後教室を自習室として

開放いたします!!

 

もしこれを見て「そうだ、質問たまってたんだ」という生徒が

いれば、社会と国語だけになりますが、質問を受けられますよ♪

 

 

自分で学習する予定をしっかり立てていれば

ムリに来る必要はありません。

 

 

 

 

 

 

2013年8月28日 13:47

6日目 京都〜神戸(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

6日目 京都〜神戸

6日目は観光が主でした。
 
まず龍安寺へ。
このお寺は石庭で有名です。
 
趣味でアクアリウム(石、流木、水草を使って水槽をレイアウトする)をしていたので上手く遠近法を使い、見る角度で表情を変える石の組み方に先人の凄さを感じました。
この組み方はアクアリウムに通じるものがあると思います。
 
この組み方を真似て水景を作ってみようかな。
 
次は有名な金閣。
龍安寺の坂を登ったところにありました。
敷地の入り口を入るといきなり目の前に金閣‼
クライマックスから始まりました(笑)
 
そして本物をみた感想は、思っていたより小さくて、期待以上に風流な建築物でした。
 
浮島に生えた松の管理はとても大変そうでしたが、その青々とした松が煌びやかな金閣を強調しています。
 
観光名所であることもあり、外国の人が多かったです。
そんな人たちにガイドをしていたおじいさん。
なんと、英語がペラペラ!
びっくりするほどネイティブに近い自然な英語を話していました。
そんな、おじいちゃんになりたいなぁと思ったり(笑)
 
時間の関係上京都はここまで、大阪を目指します。
 
数時間漕ぎ続け大阪に入りました。
高校の友達と会う予定でしたが、都合で会えないことに…
その代わり美味しい串カツのお店を教えてもらいました。
 
道頓堀の だるま というお店です。
 
あの有名なグリコとカニの写真を撮ってからだるまに入店。
とりあえず道頓堀セットを注文。
合計9本だったのですが美味しすぎてすぐに完食です (笑)
 
追加で5本注文しました。
 
お金があればもっともっとたべたかったなぁ。
 
そして大阪をあとにします。
 
市内の道路は自転車も走りやすく、ドライバーの運転も荒くはありませんでした。
京都で心配したのは杞憂でしたね。
 
神戸までは2号線をつかいました。
…しかし途中で雨が降り出し、土砂降りに…
…さらには友達がパンク…
 
踏んだり蹴ったり(殴ったり)ですね(笑)
 
神戸では漫画喫茶に泊まる予定だったので、ゆっくり歩道を安全運転しました。
 
着いたのは11時です。
 
つぎは神戸港から高松へ行きます。
頼む!晴れてくれ‼

2013年8月27日 13:47

5日目 安土城(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

5日目 安土城

5日目は彦根から京都の宇多野ユースホステルまででした。
 
距離はそれほどなかったのでゆっくり朝食をとってから出発。
 
まずは大津を目指して走ります。
 
その途中、安土城跡があったので休憩も兼ねて写真を撮りました。
 
小学生の頃安土城のプラモデルを作るほど好きだったので、実際に訪れて感無量。
体力が残ってたら上まで登ったのですが今回は下からで我慢です(笑)
 
写真を撮り終えて休憩しているとロードバイクに乗った地元のおじさんに声をかけられ、京都を目指していると言うと琵琶湖の湖岸道路が走りやすいと教えてくれたのでルート変更。
 
湖岸道路を走りました
……が 途中にコンビニがなく水が補給出来ない‼
 
2,30キロ走ったところで幹線道路に出ることに(笑)
 
幹線道路に出るまでの道でカントリーエレベーターを発見。
 
アクトで習ってた頃が懐かしいです。
 
そして、炎天下の中を走り続け、近江大橋の手前のAEONで昼食をとることに。
 
オムライスを注文。
もちろん大盛りです。
 
トロトロふわふわの卵が美味しかった‼
 
昼食を済ませ、近江大橋を渡り、いよいよ京都に入ります。
 
初京都にテンションが上がったのも束の間、東山の坂で京都の洗礼を受けます(笑)
 
そして、街に入ってからもドライバーの運転が荒い!
びっくりしました。
もっとおっとりしてるイメージだったのに。
この分だと大阪は……
 
そして、途中細い道で迷子になりかけながらも宿に到着しました。
 
……すごい豪華
というのが第一印象です。
 
初ユースホステルだったのですが、イメージと全く異なり、まるで旅館のよう。
大きい中庭もありました。
 
すぐにお風呂に入り、仮眠をとってから夕食です。
 
ご飯おかわり自由だったので遠慮なく4杯食べました(笑)
 
その後、食堂で生八ツ橋作りがあるというのでもちろん参加。
 
ちびっ子に紛れて大学生三人で八ツ橋作りました(笑)
 
今度家でもやってみようかな。
 
そして翌日の計画を立てて就寝。
 
京都•大阪を観光し、神戸までです。
 

2013年8月26日 16:12

4日目 名古屋城(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

4日目 名古屋城

4日目です。
 
旅館に泊まったのでかなりぐっすり寝ることが出来ましたが、完全に疲れをとることができないまま出発。
 
途中コンビニで朝食を済ませた後、名古屋城へ。
 
この旅で初めて観光らしい観光です(笑)
 
名古屋城といえば有名なのが金の鯱鉾です。
 
入場料(入城料?)を払って門をくぐると、すぐ横に鯱鉾がありました。
 
とても暑かったので写真を撮った後すぐお城の中へ駆け込みました(笑)
 
5階まであったのですが並んでエレベーターを使うことに。
 
とても階段は登る気になりませんでした(笑)
 
一通り城内を見てから再び自転車に乗り、出発です。
 
とても暑い中、岐阜経由で滋賀県を目指します。
 
途中 清洲城、墨又城などがあり寄り道したかったのですが時間がなく断念。
 
そして、関ヶ原に到着。
 
しかし、ここが大変でした。
 
目の前に現れたのは長い上り坂と向かい風。
 
懸命にペダルを漕ぐもなかなか進みません。
 
まさに関ヶ原の戦いです(笑)
 
何とか戦いを制し、頂上についたところでコンビニに入り休憩。
 
レジのおばちゃんにどこ行くの?と聞かれ、鹿児島と言うとビックリされ(毎回のこと 笑)頑張ってねー と応援してくれました。
 
しかし、近江八幡での宿がなかなか見つからず立ち往生。
 
そうこうしているうちに日がどんどん低くなり、このままでは明かりの少ない田舎道で止まってしまうことになります。
 
ひとまず手前の彦根市まで行くことにし、急いで向かいました。
 
何とか日が沈む前に到着し、近江八幡は諦めてここで宿を探すことに。
 
スマホを駆使して 何件か旅館に電話をかけて、なんとか宿を確保しました。
 
宿は前もって決めないとダメですね(笑)
 
とうことで今日のうちに明日の宿を予約。
 
京都の宇多野ユースホステルです。
 
明日は京都まで行きます‼

2013年8月24日 17:41

3日目 名古屋(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

3日目 名古屋

3日目は浜松から名古屋まで行きました。

漫画喫茶はとても寝心地が悪く、快眠でいないまま朝を迎えました。
 
しかし、一泊で1300円だったのでだいぶ節約出来ました (笑)
 
朝ごはんはマクドナルドでソーセージマフィン3つとアイスコーヒー。
普通の生活でこんな食べてたら間違いなく糖尿病ですね(笑)
 
名古屋までの道は浜名湖の隣を通った後はほぼずっと国道1号線。
 
トラックも多く、とても走りやすいとは言えませんでした。
 
そんな道を神経を使いながら走っていると、歩道で手をあげて呼び止めようとしている人を発見‼
 
その人はもう一人の友達と自転車で旅をしているらしかったのですが、友達の自転車がパンクしたとの事。
 
チューブは換えたけどポンプが壊れてると言っていたので、私たちの携帯用ポンプで空気をいれてみるも、空気が入りません。
 
いろいろ試行錯誤してみたものの結局直らず、自転車屋に行きます、とのことだったのでそこでお別れしました。
 
何でも今日の目的地である名古屋から東京まで行くつもりらしく、同じ大学1年生でした。
 
今頃はどこにいるのかなぁ (笑)
 
そして再び一号線をひた走ります。
 
日も暮れて名古屋目前になった頃、止まった信号の標識に桶狭間の文字が‼
 
思わず写真を撮りました。
 
昔から歴史が好き(特に戦国時代)だったのでかなり興奮しました(笑)
 
時間があればゆっくり周りを見れたのになぁ。
 
そして最後の力を振り絞って目的の宿へ。
すぐにお風呂に入って、洗濯。
 
前日は漫画喫茶だったのでとても快適に過ごしました。
 
4日目は滋賀県近江八幡を目指します。

2013年8月22日 09:04

2日目 浜松(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

2日目 浜松

鹿児島への旅2日目は浜松まで行きました。
 
まず清水港で朝食。
10時から開店だったので少し待って魚の美味しそうなお店に入店。
 
そこで980円の海鮮丼と390円のイカ下足の唐揚げを注文。
魚が新鮮でとても美味しかったです。
しかも嬉しい事におかわりの酢飯まで頂きました(笑)
 
自転車で100km走ると2日分の食事が必要らしいのでとにかくカロリーを補給しなければいけないんです.....
 
基本2kcal/円以上の物しか食べません(笑)
 
清水からは、いちごライン、久能街道を通って焼津へ。
 
途中、焼津までの道でジブリに出てきそうな断崖絶壁からのオーシャンビュー‼
登りでしたがテンションがあがる‼
 
……ところが、焼津から御前崎までの道が過酷でした。
向かい風をもろに浴びて、漕いでも漕いでも進まない。
 
山道を避けて海沿いの道を選んだのですが、風がこんなに障害になるなんて予想していませんでした。
 
あらゆる乗り物が流体力学を重視して設計されてる事を身を持って実感です。
 
いよいよ浜松まで着けるか微妙な時間帯…
しかし御前崎過ぎてから現れた150号線‼
これに乗ってからは風が止み、平均25〜30km/hで進む事が出来ました。
 
田舎な事もあり、いきなりウインカーだして左折してくる車などもいましたが自転車には向いている道でした。
 
そして7時過ぎに浜松に到着。
 
市内の自転車屋に寄ってタイヤに空気をいれてもらう事に。
そこのおじさんに鹿児島まで行くと言うとビックリされました(笑)
 
せっかくだから美味しい鰻のお店おしえてあげる、と言って教えてもらったお店がかんたろうと言うお店。
 
しかし、予算と時間の関係で行けず、次の機会に行く事にしました。残念。
 
その後昔ながらの銭湯で汗を流し、コインランドリーを回し、ガストでグダグダしてから漫画喫茶に宿泊。
到着してからすぐ寝ました(笑)
 

2013年8月21日 13:37

1日目 箱根(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

1日目 箱根

一日目が終了しました。

 
当初箱根を越えるか迂回するかで迷いましたが、どうせなら箱根に行こう!という事で登りました(笑)

 
箱根新道の方が楽だという話だったので新道を目指しましたが、自転車が進入禁止だったので旧道を行く事に…

 
この旅の前にヤビツ峠(761m)を何回か登りましたが、レベルが違う!
ずっと登りで傾斜もキツく途中何度か自転車を押す羽目に…

 
降りてくる自転車と会うと恥ずかしかったです(笑)

 
そしてやっと芦ノ湖に到着‼
ようやく下りか……と思いましたが、まさかの登りが続く…

 
さらに登って箱根峠を越え、下って静岡県三島市へ。
下りはとても長く、気持ち良かったです。

 
昼食は松屋でカレーを食べ再び走りだす。
 
 
焼津まで行く予定でしたが手前の静岡市で一泊する事に。

 
沼津市から海沿いに進み、富士市、田子の浦などを通ってひたすら静岡市を目指します。
富士、富士宮はパルプ工業だなぁ などと思いながら通過。実際工場が多かったです。

 
すると清水手前で健康ランドを発見し、予算オーバーでしたが箱根のご褒美で泊まる事にしました(笑)

 
温泉が気持ちいい‼
翌朝は清水で海鮮を食べる計画です。

 
そして、売店で買った冷凍イチゴを食べてから就寝。

 
2日目は浜松までです。


2013年8月19日 15:21

第1回 自己紹介(カテゴリ:山下裕世くん 鹿児島へ)

突然ですが、
ACTの卒業生が、この夏大きな挑戦をします。
ACTでは、この挑戦を応援していくとともに、
挑戦の過程をこのブログで不定期ではありますが、
自身により綴ってもらうこととなりました。
今回は、卒業生の自己紹介を掲載します。 
 
 
初めまして。
先生方のご好意によって、中学受験塾ACTのブログに記事を載せていただくことになった山下裕世といいます。
今回、自転車で実家のある鹿児島に帰る無謀ともいえる旅(約1500km)の記事を投稿しようと思ってます。まずは自己紹介から。
 
・1994年4月12日生まれ、現在19歳
・ACT6期生で鹿児島ラ・サール中学に入学、その後同高校に進学し、
今年横浜国立大学理工学部建築都市環境系学科入学
 
生まれは鹿児島県で出生後すぐに福岡県に移住、小学校入学直前まで福岡の田舎(筑紫野市)で自然の中を駆け回る野性児のような生活を送っていました。
 
でも一変、父親の仕事の都合で大都会横浜(と言っても戸塚)に引っ越しすることに。小学校入学後も柏尾川でカメを釣ったり、うちこしグラウンドでザリガニを釣ったり、自転車を乗り回したり......やってること変わりませんね(笑)
 
しかし、小学校4年生のある日母親から”中学受験”なるものの存在を知らされます。
母いわく”ヨットを自分で作ってそのヨットに乗る中学校”(逗子○成中学校)があり、その中学に入るには受験をしなければならないらしいということでした。
野山は駆け巡っていたが海は未知の世界。好奇心旺盛でものを作ることも好きだった僕はその話に飛びつきました(笑)
今思うと自分自身単純だったなと思う反面、うまく受験に誘導した母親はさすがだなと思います。
 
そうして出会ったのが”中学受験塾ACT”です。
友達が入塾していたのがきっかけで皆から少し遅れた4年生の秋、ACT6期生として入塾しました。
当時は勉強が苦ではなかったですね。やはり、知らない事を知る喜び、自分で考えることの楽しさ、そして何より真剣に生徒と向き合ってくれる先生方の楽しい授業がそうさせてくれました。
間違いなくアクトとの出会いが人生の一つのターニングポイントでした。
 
肝心の僕自身の中学受験ですが、
第一志望校は聖光学院、併願校でサレジオ、浅野を予定していました。
しかし、本番2か月前に祖母の家が鹿児島にあったことから、九州では有名なラ・サール中学をお試し受験で受けることに。
ラ・サールを受験し、数日後にサレジオ、その翌日に聖光を受験、そのころにはラ・サールとサレジオの合格が出ていたので浅野の受験はせずに自分の目で聖光の結果発表を見に行くことにしました。
 
.......なかったです。僕の受験番号は掲示されておらず、見事に落ちていました。
 
 
結局新天地に行きたいということもあり、ラ・サール中学に入学することになりました。
 
長くなったので中学高校時代は簡潔に(笑)
中学からはサッカー部に所属し、卒業まで続けました。進学校の割に部活はハードで、合宿では毎回熱中症の人が数人出るほど。
勉強の方はあまりうまくいかなかった(話すと長く長くなります)事もあり、一生懸命打ち込みました。
 
しかし、避けては通れないのが受験。いい加減勉強しないといけない日が来ます。
友達からの情報で横国をAOで受験することに......しかし、その受験には物理の口頭試問がありました。
普通の人なら問題ありませんでしたが、何を隠そう僕は授業で物理を選択していなかったのです。
僕が選択していたのは生物だったので、受験までの2ヶ月間独学で物理を学ばなければなりませんでした。
結果的にうまくいったのですが、”本来勉強(学問)は楽しいものだ”というアクト時代の経験がなければ到底合格できなかったと思います。
 
そして現在、再び晴れて横浜で大学生活を送っています。
 
今回の旅は高校時代に友達とした「お互い東京、横浜の大学に受かったら一緒に自転車で帰ろう!!」という約束が事の発端で、その友達も無事に東京大学に受かったのですが今回は忙しくて参加できませんでした。
なので、今回は自転車仲間である小学校時代の友達と鹿児島を目指します。
 
厳しい旅になると思いますが、だからこそ経験できることも多いはずです。
このブログが旅の記録と同時に、見ている方が少しでも旅の雰囲気を感じてもらえるものになればと思います。
 
それでは行ってまいります!!
 
 
                                      
                                                                

2013年8月15日 22:32

今日は終戦記念日です。(カテゴリ:ACT)

 

1945年8月15日

 

日本の敗戦が伝えられた。

 

 

ずいぶんと遠い昔のように感じられる。 

 

 

戦争がないというだけでなく、

 

国民みんなが、そして世界の人々が

 

安心して暮らせる「平和な世の中」になるように。

 

 

そういう社会を実現していくために、

 

自分のできることを日々頑張ろうと思う。

 

 

 

 

2013年8月15日 22:24

夏期休暇をどのように過ごしていますか?(カテゴリ:ACT)

 

6年生の夏期講習。

 

「天王山」ともいえる大事な時期です。

 

 

しかし、その大事な時期も

まっただなかにいると、日々の生活に忙殺されてしまいがち。

 

夏期講習は、朝から晩までのハードな日々。

課題だって出ています。

 

いつのまにか「もう少し先」そして「最終的」な目標を

見失いがちです。

 

この休暇の時期は、もう一度立て直すための

大切な時間になります。

 

過去の入試問題を解いて、

「ここまで頑張るんだな」と確認してもいい。

 

休暇明けにあるテストの準備をしっかり整えるのもいい。

 

何となく過ごす、「やれ」と言われるから「やる」のはやめよう!

 

 

 

明日16日も13:00から塾を開けます。

 

では、良い時間を過ごしてください。

 

 

←前月|1|2翌月→