ACTブログ



2014年1月31日 18:45

いよいよ明日から「本番」です!(カテゴリ:田中)

 

前日だというのに、まったくいつも通りの子どもたち。

 

鈍いのか、たくましいのか。

 

たくましいと信じたい!

 

でも中には

「あぁ明日から…、2年間お世話になりました」

なんて殊勝なことを言って帰ろうとする子どもも。

まだ終わってないし、これから「始まるよ!」と。

 

それぞれの入試が始まる。

 

 

みんな、それぞれ頑張ってきた。

 

僕らは、君たちの能力を最大化することが仕事だ。

 

受験勉強を通じて、

「教えたこと」から、新しい知的欲求を引き出してきたと思う。

 

明日からの受験本番。

できないことが突然できるわけではない。

 

開き直って、思い切りやってきなさい。

 

塾で待ってます。

 

 

 

 

 

2014年1月30日 22:55

刻々と時は…(カテゴリ:田中)

 

6年生の補習も今日で終わり。

 

明日は自習室開放です。

 

「平常心」で過ごすようにしなさい。

 

決まった学習を、決めた時間でしっかり取り組む。

 

いつも通り過ごそうとしても、なかなかできるものでもありません。

 

 

意識して、「いつも通り」を。私は楽しみにしてます。

 

 

 

2014年1月29日 14:34

授業最終日(カテゴリ:田中)

 

昨日28日は4年生にとって最後の授業でした。

 

今日29日は5年生にとって最後の授業です。

 

 

入試期間中、授業は休講になりますが、

 

頑張れるだけ頑張って、新しい学年をむかえてくださいネ。

 

 

 

2014年1月23日 03:13

盛り上がってきました!(カテゴリ:田中)

 

どんどんドライブがかかり始めました!

 

採点するのが大変ですが、

みんなが頑張っていることにこたえたい。

 

この勢いであと9日間を過ごそう!

 

 

2014年1月22日 01:18

すべきこと(カテゴリ:田中)

 

 

冷静に自分の力を受け入れ、足りないところを伸ばすこと。

受験生にはぜひ取り組んで欲しい。

 

私たち大人は、子どもたちの可能性を信じ、

そのパフォーマンスを最大化すること。

 

 

あと10日。

 

 

 

 

2014年1月20日 22:42

体調管理を!(カテゴリ:田中)

 

あと2週間。

 

体調管理を。

 

寝るときはしっかり寝る。

勉強するときはしっかり勉強する。

 

 

でも病気になったら、仕方ない。

休みなさい。

 

休んでから、頑張ればいい。

 

まだ時間は残されている。

 

 

大丈夫。

 

 

 

 

2014年1月19日 20:34

あと12日(カテゴリ:田中)

 

少しずつ近づいている。

 

6年生の子どもたちは、「いよいよ」と覚悟を決めている(はず)。

 

 

でも最近のようすを見て、ひとこと言いたい。

 

「まだできるんじゃない!?」

 

以前と比較すれば、確かにやってる。

 

でもまだできるんじゃないかな。

 

勉強できる時間を、集中してやりきれているか?

 

まだできると思う。

 

 

あと12日。

 

自分の限界に挑戦してみてほしい。

 

 

 

 

 

 

2014年1月18日 14:47

本気の顔(カテゴリ:田中)

 

今日は戸塚大踏切デッキの完成イベントがおこなわれた。

 

子どもたちが出演すると聞いて、足を運んでみた。 

 

 

本番直前。

 

 

ちょっと緊張気味の顔。

 

 

 

でも始まるとすぐに集中したときの「あの顔」になる。

 

 

「いま」

この時間を輝かせる顔は美しい。

 

 

終わったあとの充足した顔。

 

「やりきった」という満足気な顔。

 

 

 

いま目の前で見ている顔と、

そしていま少し遠くで戦っているその顔と。

 

 

ふたつの顔を思い浮かべる。

 

 

彼にはまだ明日もある。

一日一日精一杯戦ってほしい。

 

 

 

「1点を削りだしてこい!」

 

 

2014年1月17日 16:14

阪神・淡路大震災から19年(カテゴリ:田中)

 

もう19年も経つ。

 

改めて時間の経過の早さに驚く。

 

 

阪神高速の倒れた姿、

 

三宮のそごうが隣のビルによりかかっているようす、

 

液状化したメリケンパーク。

 

 

今でも思い出せる。

 

 

もうすぐ都知事選がある。

都市直下型の地震に備えた防災都市建設を

各候補者が訴えるだろう。

 

オリンピックで盛り上がるだけでなく、

私たち人間をつなぐ町づくりをお願いしたいと強く思う。

 

東京がその意味で果たす役割は決して小さくないはずだ。

 

 

 

2014年1月16日 02:32

「苦手」に挑戦(カテゴリ:田中)

 

残された時間を精一杯取り組んでいる子どもたち。

自分の限界に挑戦している子どもたち。

 

最後自分の今までできなかった「何か」に取り組んで欲しい。

 

「きれいに字が書けなかった」ら、きれいに書いてみよう。

「歴史が苦手」なら、歴史のことひとつでも覚えてみよう。

「理科が苦手」なら、理科の学習に取り組んでみよう。

 

そうやってひとつの壁をこえたとき、

新しい地平が広がっていると思うよ。

 

 

 

←前月|1|2翌月→