ACTブログ



2014年8月27日 12:38

プレ・スクール説明会(カテゴリ:ACT)



27日朝10:30から、「3年生プレ・スクール説明会」がおこなわれました。


今にも降り出しそうな空模様。

朝少し降ったため、足元には水溜りが。

アクトのプレ・スクール説明会に足を運んでいただき、

ありがとうございます。



まずスタッフ紹介をさせていただき、

そのあと「建学の精神」を説明いたしました。


1 建学の精神

そもそもアクトは2001年の春期講習より開校。

「一人ひとりの志望校を全力で応援したい」

「子どもたち一人ひとりに目を配れる環境をつくりたい」

ということを理想としてます。

そのために1クラスは20人までの、各学年40人程度まで

にしております。

また講師は全員プロの専任講師です。

アルバイトの講師とは責任感や中学受験における経験と知識がちがいます。


2 アクトが考える中学受験とは


中学受験は、「環境」を選び取るものだと思います。

進学を重視する

部活動など、学校生活を楽しむ

「同質性」を大切にした仲間と交流する

など、いろいろな価値観にもとづき、

その「環境」を選びとるものです。

精一杯努力してその「環境」を手に入れるサポートを

塾がいたします。

現在の中学受験状況は、

子どもの数が減少しているなか、

受験する実数はそれほど減少していない。

受験機会は増えているが、できるだけ「早い」合格を目指す。

学校側も説明会の回数を増やすなど、

生徒数の確保に躍起になっている。


3 アクトで過ごす3年間

各科目がどういう意図で授業をおこなっているか、

を説明いたしました。

各科目が共通して大切にしているのは

「原理・原則」から理解させること。

結果でなく、どういう過程で至ったかというプロセスを重視すること。

知的好奇心を育てること。

こういうことを大切にしながら、日々授業をおこなっています。


4 プレ・スクール〜入塾までの流れ

プレ・スクールはアクトという塾を知っていただく機会だと

とらえています。

また塾通いをするという習慣をつけるのには

時間がかかります。

もちろん学習習慣も大切です。

漢字や計算の学習習慣をつけることを主眼においています。


プレ・スクールはそのための期間だとお考えください。

入塾準備講座も含めると、半年間無料の授業が受けられます。


尚、入塾テストは11月9日(日)10:00〜11:30におこなわれます。


プレ・スクールのお申込みは随時おこなっております。

面談等もお気軽にご相談ください。






2014年8月25日 15:31

夏期講習もあと3日(カテゴリ:ACT)



およそ1ヶ月半に渡って続いてきた

夏期講習も、テストを含めてあと3日となりました。


6年生のみんなは「後悔のない日々」をおくれましたか?

最終日は志望校ごとの過去問題演習になります。



どの学年の子どもたちも、しっかりと成果があらわれる

テストになるといいですね!



雨が降ってきそうな空ですね。

ここからは一雨ごとに涼しくなっていくのでしょうか。

実りの秋にするためにも、

最後まで気を抜かずにがんばりましょう!!



2014年8月21日 11:11

3年生夏期体験授業が始まりました!(カテゴリ:ACT)


21日、22日と後期の3年生夏期体験授業がおこなわれます。


男子の多い、今回の体験授業。

初めてだから…少し緊張感のある子どももいます。

人懐っこく、どんどん積極的に話しかける子どももいます。


一人ひとり性格が表れるところのを

しっかりみてとれるのは、この規模の塾のよさだと

自負しております。


ここからの成長をしっかり見守っていきたいと思っています。

今日と明日の授業を楽しんでくださいね♪




2014年8月19日 12:51

切り替え(カテゴリ:田中)



昨日18日より、夏期講習の授業が再開されています。


お盆休み4日間をはさんでの再開。

すぐにそのペースにのれる子どもと、

のれない子どもと。


最近は周囲のペースの変化に

ついてこられない子どもたちが増えているように

思います。


6年生において、学習習慣で困るケースは少なくなりました。

「やらないと」とそれぞれの段階で思っています。

ただ、思っていることをどれくらい実現できているか、

は子どもによって差があります。


たとえ「気持ち」はあっても、夏期講習のペースに慣れるのに

時間がかかったことで、モチベーションが下がる

という悪循環にはまる子どももいます。

今は、焦らずに少しずつペースを上げていけるよう声をかけています。


5年生や4年生では、子どもによって

塾に来る目的はいろいろ異なりますが、

学習意欲の高さだけでなく、

友だち関係もやはり大切なのだと感じます。

塾に来れば、相応の時間を学習に向けることができるので

まずは休まずに通うことで慣らしていきたいですね。


通うのは、学習をするのは子どもたち本人ですので、

子どもたち自身の「好奇心」や「学習意欲」を

高めていかせたい。


方法論はさまざまで、

ときにはじっくり諭し、

ときには叱りつけ、

ときにはほめて、

ときには励ます。


子どもたちのようすを見ながら、

性格と照らし合わせ臨機応変に対応していきます。


時間をしっかりかけながら、成長させていきます。







2014年8月17日 17:32

明日から授業が再開します(カテゴリ:田中)



明日18日より授業が夏期講習の授業が再開します。


4・5年生の皆さん、

お盆休みはしっかり満喫できましたか?

お休み中もしっかりパワーアップやってますよね!?


6年生!!

お盆休み中の課題はしっかりできていますか?

課題に対する確認テストがある科目もありますよね!

社会は「人物100人テスト」ですよ。



しっかり準備して明日にのぞんでください。

元気に塾に来ることを楽しみに待っています(^^)



2014年8月13日 20:43

楽をすること(カテゴリ:田中)



楽をする、というと聞こえが悪いかもしれないが、

学習を重ねることは「楽」するためでもある。

これは「近道」とはちがった意味なのだが。



例年夏期講習中の課題として、

6年生に「100人人物テスト」をおこなう。

歴史上の登場人物を100人覚えてもらい、

確認テストをするのだ。



「覚える」ときに、人物の名前だけ覚えようとする子どもがいる…

むしろ100人覚えるの大変じゃない!?




「覚える」のは、「それ」だけで覚えるより

「それ」とは別の何かと結びつけて覚えるほうが

実は「楽」なのだ。


「えーっ! ふたつも覚えるのムリ!!」

という声が聞こえてきそうだが…


「覚えた」ことは結びつけることによって

強く頭に残りやすくなる。

そしてたくさん頭に残せる。



ことばもそうだ。

単語で覚えるより、ことばとことばをつなげて

イメージするほうが意味も頭に入りやすい。

漢字を覚えるのにも役に立つ。



ぜひこの方法を取り入れてみてください!

ちょっと「遠回り」に感じるかもしれませんが、

実は「楽」なんです(^^)





2014年8月9日 12:40

夏期講習折り返し地点(カテゴリ:田中)



8月8日。4・5年生は夏期講習中間テストがおこなわれました。


どうでしょうか。

成果は発揮できましたか?


勉強には「やればやるほど伸びる時期」もありますし、

また「努力が結果につながらない時期」もあります。

一度の結果に一喜一憂せず、

次の目標に向かって努力を続けていきましょう!


新しく学んだことを結果に結びつけるのに

時間がかからないひとも

時間がかかるひともいます。


ただまっすぐに努力を続けた人間は必ず成長できる。


6年生は入試模擬テストでした。

どんな結果にせよ、今日より明日を輝かせるために

今日一日を大切に過ごしましょう!



2014年8月6日 15:50

3年生プレスクール説明会が開催されます。(カテゴリ:ACT)

Actでは、3年生向けの講座を開講している。

9月から始まるプレスクールと、

プレスクールに引き続きおこなわれる入塾準備講座だ。


中学受験の学習は4年生から、というのがActの基本方針だ。

しかし、新4年生から始まる授業の前に学習習慣をつけてほしい、

ということを狙いとしてこれらの講座をおこなっている。


漢字や計算の家庭学習のペースメイカーとなることが主眼だが、

Actの授業のおもしろさの一端を体験してほしいということも

目的のひとつとしてある。


「中学受験の勉強」と聞くと、「むずかしいのかな」とか「大変そうだな」

というイメージを持つ方もいらっしゃると思う。

でも「難しいこと」を「楽しい経験」に変えてしまえるよう、

授業展開を考えている。


そしてそれが無料で受講できるのが、

プレスクールや入塾準備講座のいいところだと思っている。

(ただし入塾準備講座は、入塾金を納めた方が対象)




「まだ中学受験をするか決めていない」方や

「Actってどんな塾だろう」という方は

ぜひ8/27のプレスクール説明会にお越しください。

日程などの詳細について説明させていただきます。




2014年8月5日 09:32

質問すること(カテゴリ:田中)




子どもたちには「質問をしなさい」と常日頃話している。

特に6年生は「わからないことを放っておかないで、必ず質問しなさい」と。




質問には2つの効果がある。


ひとつは、「学習を促進する効果」。

わからないことがわかると、学習のペースが上がる。

「わかる」→「できる」→「楽しい」→「もっとやろうと思う」

という好循環が生まれる。


もう一つは、「学習を深める効果」。

質問することで、内容を掘り下げることができ、

一人で考えていたときとはちがう地平に立つことができる。

かの池上彰氏も同様のことを講義で実践している。

(http://news.mynavi.jp/news/2013/10/07/313/参照)


ただ単に質問をすればいいというわけではない。

学習意欲の高くない子どもは、

質問することで「勉強をするふり」になってしまうこともある。



「もっと知りたい」という学ぶ側からのアプローチが必要となる。



子どもたちの好奇心を育てたいと思う。






2014年8月1日 09:34

今日から8月です(カテゴリ:田中)



今朝もずいぶんと暑いですね。


体調管理に気をつけたい日々が続いています。




先日、今年卒業した男子中学生が塾に


顔を出しに来てくれました。




授業中、「コンコン」とノックの音。


「どうぞ」というと、恥ずかしそうに教室に入ってきます。


「激励に来ました!」と元気よく言いますが…


上手に激励できる男の子もいますが、


恥ずかしがって何を言いたいか伝わりづらい男の子も。


それでも話終わったあと、持ってきた「差し入れ」を


6年生に配るときの誇らしげなようす。


この時期の1年というのは大きいな、と感じます。


確実に成長を感じます。



卒業生が教室を出ていったあと、


6年生のある生徒が


「オレも来年絶対くるわ!」と宣言。


「でも合格しないと来られないよ」と、ある女子生徒。


「いいなあ、第一志望に合格したい!」


と笑いながら話す子どもたちを見て、


いい刺激をもらったなと、嬉しくなりました。




モノにあふれている現代社会で、


自分が何をしたいかは見えにくくなっています。


何でもかんたんに手に入るからです。


子どもたちの多くは、まだ自分が何を欲しいのかわからずにいます。


欲求を明確にし、その欲求を満たすために何が必要か。


どうすればその欲求を満たすことができるのか。


自分の日々の生活にフィードバックさせることができれば


充実した生活が送れるようになります。




目標をみすえた子どもたちは目がちがいます。


雰囲気がちがいます。


ここからの半年の成長をしっかり見守りたいと思っています。













←前月|1|翌月→