ACTブログ



2014年12月31日 20:25

2014年も終わりに近づきました(カテゴリ:田中)



あと数時間で2014年も終わります。


今年1年、あっという間でした。

「光陰矢のごとし」

まさに。



ただ年越しをのんびりと…

というわけにはいきません。


6年生は今日も補習や自習で

塾にきて勉強しています。


1月受験をする場合は

あと1週間ほど。

2月の本番までも

あとほんとうに1ヶ月。




残された時間は決して多くはない。

でも覚悟を決めて取り組めば、

まだまだできることはたくさんある。



もっともっとがんばれる。

もっともっとできるようになる。



いまできることをやろう。

先のことを心配しても何も変わらない。

いまやることが現状を変える。

いまやることが将来を決める。



熱が出たら、少し休めばいい。

眠かったら、少し眠ればいい。

体が「源」。



できるときに一生懸命がんばればいい。








今年も多くの方々にお世話になりました。

心から感謝いたしております。

多くの方々に支えられていることを

実感するここ数年です。


そして2015年も精一杯やっていきます。

よろしくお願いいたします。








2014年12月16日 15:56

12月度保護者会【4年生】(カテゴリ:ACT)


12月10日の午後。保護者会をおこないました。

4年生1年間という期間は、

ほかの学年の1年間と数量的には当然変わらない

のですが、成長という点では大きく意味が異なりますね。


6年生の1年間は受験生になる1年間。

5年生の1年間はいろいろな広がりを持つ1年間。

4年生の1年間は、「少年・少女」になるというか、

単純に肉体的に大きくなるというか、

精神的に社会性を身につけるというか…

4年生だと、「こんにちは!」と入ってきた

子どもたちの姿が見えない。

大きなカウンターで見えないのです。

でも、「あっ」と気がつくと、顔が見える

ようになっています。


ほんとうに成長したなと感じます。

もちろん学習にのぞむ姿も変わります。


クセをつける、というか習慣をつけるというか。

1年間続けてきたことが身についている。


1年前には想像がつかないようなことができる

ようになっているとき、「成長」を感じます。


冬期講習は、通常と学習のリズムが変わります。

たとえば漢字。

今は毎週火曜日におこなっていますが、

冬期講習は漢字テストが続けてあるときも

少し間隔が空く日もある。


日々取り組んでいないと漢字はできるようになりません。

自分で管理できる子どもたちは任せていいと

思いますが、保護者の方々にちょっと促していただけると

ありがたいと思っています。












2014年12月16日 15:27

12月度保護者会【5年】概要(カテゴリ:ACT)


去る12月10日に5年生の保護者会をおこないました。

ここからは6年生は当然のこと、5年生にとっても

大切な時期になります。

おもに冬期講習の内容についてお話させていただきました。

全体の概要についてのみ、ここに掲載するので

何かご不明な点がございましたら、お問い合わせください。


1.学習のリズムと思考すること

前回の保護者会がおこなわれた9月から、

この12月まで。毎週のリズムをきちんと

守りながら学習を続けさせてきました。


漢字テストやパワーアップという日々の学習ペースを

きちんと守ることがこの時期最大の課題です。


学年的にはまじめ子どもたちが多く、

このあたりに関してはクリアしているように思います。


ただ毎日のいわゆるノルマ的学習のなかで

「あれ!?」というノイズに気づいてほしい、というのが願いです。


そしてそれを放っておくのでなく、

思考する材料にしていってほしい。

当たり前にこなしていたことができないとき、

壁にぶつかったとき、

どうすればできるようになるのか考えてほしいのです。


主体的に取り組む、ということの第一歩となるでしょう。

そして主体的に取り組むことができて初めて

ほんとうの学力もつくでしょう。


もちろんまずはきちんと身につける習慣から。

冬期講習は通常授業とリズムが変わりますので、

上手に導いて、「主体的に」取り組ませたいと思います。





2.目標をしっかり定めましょう

「がんばる」という体験をさせたい、というのが

単純な願いです。

便利な社会は「待つ」「うまくいかない」という

ことを取り除いて成長してきました。

今の子どもたちは時間をかけて取り組まないと

結果が出てこないという経験がやや少ない。


冬期講習はそういう経験をさせるのに

ちょうど良い。

ある程度短い期間で、日々取り組ませ

結果を求める。

目標そのものは何でもいいのですが、

「これを頑張る」と決めて、それを自分に

課すということをさせたい。

人間前を向いているときは

比較的明るく生きていけるものです。


周囲から見ていれば「大変そう」

「きっとつらいだろう」という経験も

本人が目標を持ってやっていれば

楽しい経験になります。

中学受験もそういう形にしたいのです。



3.2/1の入試を見に行く

自分たちの学習が、どこに結びついて

いくのかをぜひその目で確かめてほしい。





HPの新着情報に載せましたが、

1/12(月・祝)に6年生の激励会を開きます。

そのため、5年生の国語の授業は14時開始

となります。ご注意ください。

※1/12 5年生国語の授業 14:00〜17:00



















2014年12月13日 13:37

12月度保護者会【6年】概要(カテゴリ:ACT)



去る12月5日に6年生の保護者会をおこなわせていただきました。


お話させていただいた概要を掲載いたします。

ご参考に。

質問等ございましたら、ご連絡ください。



1.モチベーション

 8月からおこなってきた過去問題演習も佳境に。

 順調にいっている場合、油断しないように。

 なかなか点数が取れない場合。

 ゴールが見えてくることで焦りも生まれますが、

 目標もしっかりしてくる時期。

 大きい目標は持ちつつ、目の前の課題をしっかり。

 これが原則です。


 時間が限られるなか、反復練習が効果的。

 「できる」から自信をつけていきましょう。



2.学習内容

 上でも書きましたように、残りの時間は限られています。

 家庭学習で、がっつり1科目で時間をとるのは

一般的な方法ではありません。

 苦手なことに時間をとられすぎると学習のバランスが

 崩れます。

 てきぱきこなせるような学習内容が良いでしょう。

 同じものを何度も確認することも良いでしょう。

 そのなかで「うっ」となる部分は必ず確認しましょう。


 もちろんほかの科目がある程度仕上がってる段階であれば

 「さあこの科目!」という方法も考えられます。



3.健康面

 なにしろ健康第一です。

 規則正しい生活。夜更かしせず、睡眠時間をしっかりとりましょう。



 ここからは社会や理科の知識、国語の知識分野を重点的に。

 算数の計算をおろそかにせず、パワーアップを毎日きちんと

 やりましょう。


 基礎的な内容で点数を落とすことがないように!


 ◎中学部の案内がございます。ご覧ください。

 ◎1月8日(木)13:00〜最後の保護者会がございます。







←前月|1|翌月→