ACTブログ



2015年1月19日 15:07

残り2週間をきりました(カテゴリ:田中)



2月1日。

東京・神奈川の中学入試解禁日まであと13日。


最後の最後です。


全力で頑張れていますか?


ここにきて「無力感」にとらわれる。

そんな子どもたちがいます。


「合格する自信がない」

「がんばるって、これ以上がんばれないのに」

「何をしていいかわからない」


いろいろな悩みがあるようです。




そんなとき、

1. やることはシンプルに

 教材を決める。あれこれ手を出さない。

 同じ科目を長時間やらない。

2. 「いま」に集中する

 受験のときもそうだが、過去のことは気にしない。

 未来のことは考えない。

 自分のすべきことだけに集中するようにしよう。

3. からだを動かしてみる

 深呼吸をする。走る(場所は考えて)。

 脳を健康に保つためには、体が大切。



激励会で卒業生も話していたが、

ここからはメンタルが大切。


「やる」と覚悟を決めて、充実した残りの期間を過ごそう!!






2015年1月17日 16:11

あれから20年(カテゴリ:田中)



阪神・淡路大震災から20年が経ちました。


亡くなった方々のご冥福をお祈りいたします。






2015年1月16日 18:19

ある中学3年生の激励のことば(カテゴリ:ACT)



「敢為邁往」

「かんいまいおう」と読みます。



目的に向かって困難をものともせず、

自ら思い切って、まっしぐらに進んでいくこと

の意。



先日おこなわれた激励会で、

中学3年の卒業生が語ってくれたことば。



残り少ない日々。


「自分史上最高の勉強をしよう!」



2015年1月14日 15:54

Act14期生激励会(カテゴリ:ACT)



多くの方の協力を得て、無事激励会をおこなうことができました。


ほんとうに感謝しております。


休みなのに制服を着てきてくれた卒業生

忙しいなか部活帰りに直接顔をだしてくれた卒業生


みんなほんとうにありがとう。


多くの人に支えられてActがあることを実感させられてます。


受験までの時間はあと少しだけれど、

精一杯がんばらせていきます。



2015年1月6日 19:47

冬期講習が終わりました(カテゴリ:田中)



2週間弱の冬期講習が終わりました。

ほんとうにあっという間でした。


6年生にとっては

じっくり学習に取り組む最後の講習。

思ったようにできましたか?


「今まででいちばん勉強する」

そんな時間を過ごせましたか?


「これはできるようになろう!」

目標を達成できましたか?



過ぎてしまった時間は取り戻せません。

悔いの残った子どもたちよ!

今からがんばろう。



十分にがんばれた子どもたちよ!

ここからもっとがんばっていこう。



そしてすべての6年生にメッセージを。


イヤなこと、苦手なことにも

取り組める、チャレンジできる

そんな6年生になって合格を勝ち取ってください。



自分の希望をかなえるために

必要だと思うことは精一杯やりなさい。



「困難に打ち克て」






2015年1月1日 15:20

2015年 明けました!(カテゴリ:田中)



新年明けましておめでとうございます。


小雪のちらつく元日です。

寒いっ!



いよいよ1月です。

2月の本番まで待ったなし。



何しろ大切なのは「覚悟を決める」こと

だと思っていますが、

「覚悟を決める」というのは

並大抵のことではありません。


繰り返しブログに書いていることですが

結果がどうなるかわからないことに

全力を尽くすというのはかんたんではない。


あきらめてしまったり、

極端に自信過剰になったり。



人間の精神のバランスというのは

動的平衡状態なので、

時として良いものにも悪いものにもなる。



では、どうすれば良い状態に保つ

ことができるのか。



ひとつは時間の意識だ。

例えば、今までだったら30分かかっていたものを

25分で終わらせてみよう、ということ。

そしてその5分で何ができるか考える。


次に自分の間違えやすいことがらへの意識だ。

ただ同じことを繰り返すのでなく、

前にこれって間違えたな、と思い出してみる。

例えば、国庫支出金と地方交付税交付金のちがい。

二毛作と二期作。

飛騨山脈と木曽山脈と赤石山脈の位置と特徴。





成長を実感したとき、

子どもたちは全力でやれるようになる。

プラス思考で前向きに取り組める。


1月はあっという間に終わる。

卒業生たちは口をそろえていう。

でも、これほど充実した1ヶ月もない

とも話している。











←前月1|2|翌月→