ACTブログ



2015年7月13日 14:54

6年生保護者会【7月度】(カテゴリ:ACT)


本日、6年生保護者会をおこなわせていただきました。
夏期講習の学習について、お話ししております。

以下はその概要になります。


夏期講習は受験の「天王山」とよばれ、夏期講習をどう過ごすかが
今後の成績に大きな影響を与えます。
学校が休みで、受験勉強にある程度長い期間、
集中的に取り組むことができます。

平常授業とは学習ペースが異なるので注意は必要ですし、
集中的におこなうのが望ましいので、科目・分野はしっかり
しぼる必要はあるでしょう。
「これ」と決めたものに家庭学習で取り組むようにすると、
いいでしょう。

塾での学習は、1日3科目で7.5時間。
これだけの時間を使うのだから、塾の学習を効果的に
利用するのが最も良い。
夏期講習から総復習に入り、再度基本事項の確認を
していくので、まず塾にきちんと通うことから組み立て
ましょう。

成果テストは7月で終わりです。
夏期講習の中間テストはα・βと分けたテストをおこないます。
学力到達度別のテストになっています。
8/26(水)はASPという志望校別の過去問演習をおこないます。



〈期間〉 
前期 7/22(水)〜8/11(火)  テスト 8/7(金)
後期 8/17(月)〜8/26(水)  ASP[過去問演習] 8/26(水)

土・日はお休みです。


〈時間〉
9:30〜17:45[1日3科目 1科目150分授業]


勝負事において、7割は準備で決まるといいます。
いい準備をさせたいですね。

2015年7月10日 17:16

4年生保護者会【7月度】(カテゴリ:ACT)


7月8日(水)に4年生の保護者会をおこなわせていただきました。
その概要をお知らせいたします。

今回は夏期講習についてです。

〈期間〉 
前期 7/22(水)〜8/7(金) 中間テスト 8/7(金)
後期 8/17(月)〜8/26(水) 修了テスト 8/26(水)

〈時間〉
9:30〜12:00[1日2科目 1科目70分授業]
※ 7/22(水)〜7/24(金)は14:00〜16:00

〈目的と注意点〉
 夏期講習は短期的に集中してある分野を学習することが
効果を上げやすい。そういうカリキュラムを組んでいる。
そのため授業に休まず参加し、学習を積み重ねることが
大切である。

 気をつけておいてほしいことは、平常授業とは学習ペース
が異なる点である。
 例えば、国語の漢字テストは前もって学習し、直前にごま
かすようなことのないようにさせたい。
 できるだけ早く夏期講習の学習ペースをつくりたいところ。

4年生は基本的に午前中のみの講習である。
よって時間をいろいろな形で使える。
読書・旅行・勉強・遊び…なんでもいい。
できるだけ多くの経験をさせる時間にしてほしい。
経験のなかで得た知識は、子どもたちの心に深く刻まれる。
その意味で経験は貴い。
心から楽しめる夏を過ごしてほしい。

〈Act15周年の取り組み〉
 株式会社ニュートンプレスと提携した。
 これで、科学雑誌『Newton』のもつ、インタラクティブ、3D動画
イラストのデジタル理科教材を、Actで利用可能になる。
 理科の「イメージづくり」において、今まで以上授業展開が可能
になる。そういう意味でほんとうに楽しみにしている。

 夏期講習から2016年3月までを試験運用期間として、2016年
4月より正式運用とする。




2015年7月10日 16:55

5年生保護者会【7月度】(カテゴリ:ACT)


7月8日(水)に5年生の保護者会をおこなわせていただきました。
その概要をお知らせいたします。

今回は夏期講習についてです。

〈期間〉 
前期 7/22(水)〜8/11(火)  中間テスト 8/7(金)
後期 8/17(月)〜8/26(水)  修了テスト 8/26(水)

〈時間〉
12:30〜17:45[1日2科目 1科目150分授業]
算数のお帰り問題あり。

※ 7/22(水)〜7/24(金)は16:10〜20:40で
  算数のお帰り問題なし。

〈目的と注意点〉
 夏期講習は短期的に集中してある分野を学習することが
効果を上げやすい。そういうカリキュラムを組んでいる。
そのため授業に休まず参加し、学習を積み重ねることが
大切である。
 特に算数という科目では、この夏以降入試問題に直結する
分野が続く。この講習でしっかり入試のための基礎力をつけ
させる。他の科目でも、この時期の学習が土台となっていく
部分が大きいので、基礎力の充実を図らせたい。

 気をつけておいてほしいことは、平常授業とは学習ペース
が異なる点である。
 例えば、国語の漢字テストは前もって学習し、直前にごま
かすようなことのないようにさせたい。

〈Act15周年の取り組み〉
 株式会社ニュートンプレスと提携した。
 これで、科学雑誌『Newton』のもつ、インタラクティブ、3D動画
イラストのデジタル理科教材を、Actで利用可能になる。
 理科の「イメージづくり」において、今まで以上授業展開が可能
になる。そういう意味でほんとうに楽しみにしている。

 夏期講習から2016年3月までを試験運用期間として、2016年
4月より正式運用とする。










2015年7月5日 12:42

成果テスト(カテゴリ:田中)



今日は成果テストがおこなわれます。


6年生にとっては、最後のカリキュラムテスト。

「結果を出したい」
その気持ちは伝わってきます。


結果を出すことはもちろん大切なことです。


でもまずは「自分が持っている力を発揮すること」に注力して欲しい。

そうすれば結果はおのずとついてきますよ!





←前月|1|翌月→